ヒト型セラミド化粧水

ヒト型セラミドは化粧水よりも美容液の方が良い?

セラミドは水ではなく油に溶けるため、化粧水よりも油分の多い美容液や乳液の方がより多く配合できます。
このため十分な量のヒト型セラミド化粧品を求めるのであれば、化粧水よりも美容液や乳液、クリームの方が適しています。

 

しかしながら美容液といっても化粧水のようにさらさらしたテクスチャのもの、ジェル状のもの、乳液状のものといくつかタイプがあります。
ここでは数ある美容液の中からより多くのヒト型セラミドが配合されているものの特徴とそもそも美容液とは何であるのかという事、美容液にはどのような効能に特化したものがあるのかについて紹介します。

 

セラミドをより多く配合している美容液の特徴とは

セラミドは油に溶けるため油分の多い乳化した美容液の方が水分の多いジェル状の美容液よりも多くのセラミドを配合できます。
また価格は極端に安いと微量しかセラミドが配合されていない可能性があるため、十分なセラミドが配合されているものを求めるのであれば3000円以上を目安に選びます。

 

そもそも美容液とはどのような化粧品なのか

先ほどは美容液と一言でいってもいくつかのタイプがある事を述べました。
このため美容液といっても化粧水や乳液と何が違うのかという疑問がわいてくる場合があります。

 

ここで美容液の定義を改めて述べると、美容成分を多く配合し保湿や美白、エイジングケアといった効能を有する付加価値の高い化粧品を指します。
しかしながら化粧水やクリームのように美容液は基剤を表した名称ではないため、化粧水や乳液状、ジェル状というようにいくつかのタイプのものが存在します。
また美容液は美容成分が何パーセント以上入っていなければならないという決まりはなく、メーカーの独自の判断により美容液という名称が付けられます。

 

美容液にはどのような効能に特化したものがあるのか

ヒト型セラミドを売りにしている美容液は肌にしっかりとうるおいを与える保湿美容液です。
これにはセラミドの他にもヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿力の高い成分を配合することで、肌の水分をキープしてうるおいを逃さないように作られているものがあります。
美容液の特徴は有効成分が豊富に配合されている事であるため、保湿美容液以外にも美白美容液やエイジングケア美容液などもあります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

 

美白美容液の特徴とは:

ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分を配合し、シミの元となるメラニンをブロックするなどの作用があります。

 

エイジングケア美容液の特徴とは:

レチノールやポリフェノールなどの有効成分によりコラーゲンを増やす、老化の原因となる活性酸素を押さえるなどの作用があります。

 

まとめ:

美容液は化粧品の効能を最も期待させるアイテムであるため、各メーカーが開発に力を入れています。
このため肌なじみの良さや効能が実感できるなどの最先端の技術が取り入れられていて、いち早くそれを試す事ができるアイテムとなっています。